York News
東京生まれ東京育ち東京大学卒の、東京都民による痛い日記です。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読むということ
こんにちは、York Newsです。

今日は、今年に入って読んだ本たちについて語りたいと思います。

いつも真面目な私ですが、今日はびっくりするほど真面目です。

そして当然ながら・・・自己満日記になりますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

正直長いです。






まぁみなさんもご存知の通り、私が読んだ本といったら村上春樹しかありません。
その読んだものはここに収納していきました。
そしてついに、長編小説と呼ばれるものはあと『アフターダーク』を残すだけになりました。
これもあと少しで読んでしまうので、間違いなくこの夏休み中には制覇できるでしょう。
そしてこれを区切りにして、少し内省してみようと思うのです。



私が村上春樹を読んで最も感じているのは重ね重ね言っているその読みやすさであり、私はここに強く惹かれてきました。いままでまとまって本を読むことがなかった私にとって、これがほぼ初めての読書の経験と言っていいのでしょうが、そんな私にはこれは驚愕に値しました。
“本がおもしろい”
今まで一度として感じたことのなかったものであり、それ故に私は今、
「村上春樹の文章はものすごい読みやすい」
「私が読書を受け入れるようになった」
のどちらが今本を読んでいる原因なのか、判断することが出来ません。
ある程度はその両方の相互作用として起こっていると考えるのが普通の考え方だと思いますので、そう仮定して以下考察していきたいと思います。



“なぜ、彼の文章は読みやすいのか”
ということに関して、私は何も考えることが出来ません。
実際、読んでいた時の私はそれに取りつかれたように食い入るようにそれを凝視しており、完全に周りを見失っていたため客観的な感想を述べることが出来ないのです。
つまり私はそれを読んでいる時は、文章を追っているというよりはむしろそれをイメージに置き換えた世界の中で生きており、主人公としてその世界に存在していました。
ここから、彼の用いている“一人称に語らせる”という手法がもしかしたら私がそれだけのめり込めた一つの理由かもしれません。
しかし当然のことながらそれだけではなく、やはりそれを考えるだけの知識や経験が私には備わってないというのが現実なのでしょう。



ということで、もっと単純に考えてみることにします。私はいつだってそうしてきました。物事を単純に見ることが、時に深い考察へとつながったりするのです。
小説というか本をほとんど読んだことない私にとって「ここがいい」と感じたのは
・主人公の性格が特徴的で、そして共感できる部分が多い
・主人公の日常生活が魅力的
・その細かい生活描写にも巧みな例えを頻繁に持ち出している
・食事のシーンが実に魅力的
・感情の変化含め、抽象的なものを比喩表現を用いて視覚的に描き出している
・登場人物のしゃべり方が特徴的で、そしてそれに慣れるととても心地良く感じられる
・単純な手法だが、セクションの終わりには“惹き”が十分になされている
・物語が動かない部分でも十分に楽しめる文章になっている
・物語が大きく動く部分は鼓動が感じられるほどわくわくさせられる
・その終わり方が好みに合っている
・読後に十分な満足感を得られ、また考えることも多い
・「読んでいる感」を一切感じさせない
と言ったところでしょうか。
まだどれも一回しか読んでいない、さらには他の著者のものはまったく読んでいないためここであまり大きな評価を下すのは間違っているのかも知れませんが、一読した限りでは「最高におもしろかった」というのが率直な感想なのです。



そして問題は
「果たしてどれくらい、私は読書に対して“慣れる”ことが出来たのか」
という部分にあると思います。
私はこれから少しずつ他の人のものにも手を出したいと考えているのですが、おそらくそれが読み辛いものであったならば私のモチベーションはまた一気に急落してしまうのではないか、という不安があります。
せっかく、これほどの良書たちを入門書に迎えることが出来たのだから、これから読む、いわば「発展書」たちもそれなりに選んでいかなければならないと思います。
ここにきていきなり
『純粋理性批判』(カント)
なんかを読んでも、10ページも満たないうちに放り投げてしまうに違いありません。
(ちなみに、この手の“むつかしい本”はいくつか開いたことがあります)
そこでこれからはそういう「読みやすい本」を読みながら村上春樹の残ったものたち(主に短編集)なんかも挟みながら、どんどん読書スキルをつけていきたいなぁと思うのでした。
なにかお勧めがあり、そしてここまで読んでくださった方がいたならば、コメント欄にて口添えくださると嬉しい限りです。



最後に、私がこれまで読んだ村上春樹を、自分なりに並べてみたいと思います。
順番は、後に行くほど「よかった」ものになります。
こういう順序付けが大好きだったりします。



『1973年のピンボール』
『風の歌を聴け』
『国境の南、太陽の西』
『ノルウェイの森』
『スプートニクの恋人』
『羊をめぐる冒険』
『ダンス・ダンス・ダンス』
『海辺のカフカ』
『ねじまき鳥クロニクル』
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』

こうやって見ると、それほどの量を読んだようには見えないですね。
しかし、『ねじまき鳥クロニクル』全3巻を読むのに結構な時間をかけたような気がします。
【羊3部作】はすべて一日で読み切りました。
『ダンス・ダンス・ダンス』は丁度伊豆へ行っていた時ですね。
『ノルウェイの森』は夏休みの最初に読んでいたような気がします。
『海辺のカフカ』はのぶさんとの待ち合わせ時に一気によんでしまったのでした。
そして、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』はその分量にも関わらず、思いっきりのめり込んで読んでいた作品でした。
これは他の作品と比べても断トツでトップでしょう。
まる2日かけてゆっくりと楽しんでいた記憶があります。



私はこれまで読書というのは「あいた時間に」するものだと思っていました。
「本なんて台所で主婦が時間を潰すために読むもの」といった内容の描写もこの村上春樹の中にされていました。
しかし、私は最近、わざわざ本を読むために図書館へ行く機会を持つようになりました。
週に3回は必ず行きます。
そこで本を借りることもあれば、ただ、その場所を利用するだけのこともあります。
私の様相は市営の図書館では少々目立ちすぎるのが玉に瑕ですが、それでも私は十分リラックスして本を読むことが出来ます。
ちょっとかじったくらいで何をほざいているのだという感じですが、あえて言わせてもらえば読書はすばらしい。
これは時間をかけるに十分値するものだと、私は考えるようになりました。
もちろん、予定があればそちらを優先するのは言うまでもないのですが、何も予定が入らないときにも「よし、今日は好きなだけ読めるぞ」と考えられるようになりました。
これは広い目で見て、つまり読書に限らなくても、かなり大きな進歩だと思うのです。
今まであまりに時間に追われた生活を送ってきました。
この一年はそうでもなかったのかもしれませんが習慣のせいか、少しでも時間を有効に使うことだけを考えて生活してきていました。
その考え方に、少しでも変化が興せたのなら、これは十分な進歩と言えるでしょう。



これから、私は今までとは違った生活を送るようになってきます。
授業は単なる単位取得の場ではなくなり、自分の興味のあるものを自ら吸収していかなければならない場になってきます。
週末の休みをまるまる研究や演習にあてる日もあるでしょう。
しかし、そんな時に
「今頃あいつは何してんのかな~」
とか
「こんなことしているより、早くカノジョ作んないとな~」
とか、そういう余計なことを考えるかもしれない、そんな予感が大学に入ってからの私の生活からは感じられました。
数学科に行って、本当にうまくやっていけるのか。
それは人間関係や自分の学力に関するものではなく、私の姿勢に対する不安でした。
でも、私は読書を通じて、やっと少しでもそれに向けて準備が出来たと思います。
外面だけ変えても無駄だ、そう思っていましたが、どうやら内面の方が先に一歩を踏み出したようです。



ということで、いつの間にか本とは少し違った話をしてしまいましたが、とにかく本に対する感謝の意を述べること、そしてこれからの目標的なものを定めることができました。
読書を始めた理由は当然このブログにあり、そしてこの文章によって、ブログが私の人生において、確かに正の効能を与えてくれたとこを記録しておきます。
最後に、これを読んでくださった方がいましたら、心から感謝をしたいと思います。終わり。
この記事に対するコメント

どもー(・∀・)ノ

とりあえず、一通り読んでみたんやけど、アンタすごいね(・∀・)
こんだけの文を書けるってマヂ尊敬するわ(・∀・)

>主人公としてその話の中に存在する
コレを読んだ時はてっきりボケてくるもんやと思ってたら終始真面目やってビックリしたよ(・∀・)
んで、その次の感想を読んで賢い人の読書感想文ってこんなになるんやなぁと感動したよ(´_ゝ`)
僕は読書全くしやんからお勧めとかは全くないんだなぁ(´・ω・`)
よー君のお勧め一冊くらい試しに読んでみるよ(´・ω・`)

んで、読書の為に図書館とか行くんや(・∀・)やっぱり、図書館やと浮くんやね(笑)

最後に勉強、読書、恋愛、ブログ、全部頑張って成功させてなぁ(・∀・)ノシ
【2007/09/17 17:08】 URL | 。。。 #- [ 編集]

はじめまして
はじめまして(〇´ω`)ノ
二,三ヶ月前ぐらいからヨークサンのブログを
読まさせていただいてる者ですm(_ _)m
初コメさせてもらいます!!

私も最近本にハマっています☆
といってもまだ純文学は
あまり手をつけてません(;・ω・)

私のオススメの著者は山田悠介サンです。
簡単にいうとホラー・サスペンス系の本なのですが
とてものめり込みやすいものだと思います。
お暇があれば読んでみてください(・∀・!)
では失礼しましたッ!!
【2007/09/17 18:15】 URL | 慓 #iCcq.Ab. [ 編集]


どもー(・∀・)ノ

いやぁ、すごいね。
あたしは人に説明したりするのが苦手やから、
これだけ自分の考えてることを文字にできるって感激しちゃうね!
あたしのかわりに毎日のミーティングに出てほしいです。。

あたしも本大好きだよ!
中学から読み始めたから読書暦はYorkさんより長いみたいだけど、
読んだ本が見についてるかといわれれば、難しいかもしれないです。
でも、読み方が少し似てるなっと思いました、失礼かもしれませんが。。
あたしも、読んでいる最中は、主人公になりきってる場合が多いです。
特に一人称で書かれている話は。
そうでない場合は、その小説の中の時間や場所を自由に行き来できる、
妖怪(?)とか妖精(!)とか、座敷わらし(…。)とか見たいになってる感じですかね?
つまり、入り込んでるんです、話に!
だって読んでたらその人の顔がわかってくるし、声だって聞こえてきちゃうんですもんね!
残念ながら村上春樹はまだ読んだことがありません。
今読んでいる「三国志」を読み終わったら(まだまだ先だけど。。)、
村上春樹、読んでみようと思います!
あたしのおすすめはですね~、伊坂幸太郎ですね。
一応ミステリーに類されるんでしょうけど、
あの疾走間がたまりません。
読みたい!知りたい!という感情が読むスピードを追い抜いちゃうんです!
「もう!なんでもっと早く読み進められんの?」と自分にイライラします。ww
特に、「鴨とアヒルのコインロッカー」、「オーデュボンの祈り」がたまりません!
他には、佐藤多佳子に少し前まではまってました。
読み終えたあと、「ほぅ。」とする作品が多いかと。
「しゃべれどもしゃべれども」、「黄色い目の魚」、「神様がくれた指」あたりがあたしは好きです。
それから、重松清の「流星ワゴン」は一押しです。(おすすめ、一押しが多くて申し訳ないですが。。
Yorkさんにぜひ泣いていただきたい、作品です。ww

とかなんとか書いているうちに、軽く原稿用紙1枚分のコメントになってしまいました。
ごめんなさい。
読書隊、みんなでつくりましょ♪


【2007/09/17 18:24】 URL | いちご豆 #- [ 編集]


アフターダーク面白いですか?
あたしは理解できなかったんですけど。
あの、会社員の男が無駄に会社内で筋トレするシーンとか。
必要だったんでしょうか。
でも、トランペット(?)の少年は好きですよ!!
主人公とくっつけばいいのにー(・∀・)
とか思ったりしてました。
村上さんの作品はキャラクターがすごい魅力的ですよね。
実際に居たら好きになりそう。
でも、現実的にそういう人って居ないですよね(´・ω・`)
村上さんの作品はノルウェイの森が一番読みやすかったです(^ω^)
性描写がいっぱいあったから(^ω^)
村上さんの作品って、奥が深いですよね!!
どうしてこういう作品を書こうと思いついたのかが予想できません。
Yorkさんは「アフターダーク」で作者が読者に訴えかけていることはどういうことだと思いますか?
もし読み終わったら教えてください(*´▽`*)
って、もし「レポート見たいで嫌だな(゚Д゚)」って思ったらいいんですがww
【2007/09/17 19:21】 URL | 朝陽 #- [ 編集]


正直読書は苦手です。
小説とかほとんど読んだことないです。
そんなに読みやすいならちょっと読んでみようとか思います。
【2007/09/17 23:36】 URL | シュウジ #- [ 編集]

はじめまして
はじめまして!
読書好きなんですね!わたしは小学校の夏休みの宿題で感想文が出たときなんかあとがきなど見て書いていた読書嫌いだったのですが、大学生になってから少し本を読み出すようになって、最近は外出先に持っていくようになりました!
ただ読むのが遅くてつまらないなーと思うと読まなくなっちゃうんですが(^_^;)
そんな私なんですがオススメは乙一さんの本です!
最近では映画化されたり、マンガ化されたりしてるみたいですが、小説面白いですよ!!小説のあとのあとがきも面白くてオススメです!
内容は少しミステリアスな感じですが中には感動するものもあったり。読書嫌いだった私がどんどん読めたのできっと読みやすいと思います!!
ではではこれからもまたおじゃまさせてもらいますね!良かったらあたしのブログにもきてくださいヽ(´ー`)ノ
【2007/09/18 01:11】 URL | ナマケモノ #LbYl9WXI [ 編集]


イヤー、何気に読んでますねぇ(´∀`*)
それほどの量を読んだようには見えないって書いてありますけども、全く本を読まないあたくしとしましては、十分な量です(´∀`*)
あ、でも慓さん(はじめましてなのにすいません。)がオススメしてる山田悠介さんの作品は読みやすいです(´∀`*)
「あそこの席」とかなら、1時間ちょっとで読めたと思います(´∀`*)

そして、あたしも村上さん、始めようかなぁと思います(´∀`*)
チャコペンさんも言ってたし、「ねじまき鳥クロニクル」が読みたいんですよねぇ(´∀`*)
あと、「海辺のカフカ」も読みたい(´∀`*)
明日辺り休みなので本を手に入れてきたいと思います(´∀`*)
Yorkさんが週3で図書館・・・イヤ、笑ってないですよ?(´∀`*)

にしても、やっぱりYorkさんは文章力がありますねヘ(゚∀゚*)ノ
この記事で、さらに実感しました(´∀`*)
あたしはレポートとかそういうの書いたことないし、こういう力、尊敬です(´∀`*)
自分が思っていること、考えていることを的確に伝えられる力が欲しいです(´∀`*)

そして、これからまた違う意識で過ごしていくのに、良い準備になってよかったですね(´∀`*)
あたしは専門のとき、就職活動と共に髪染めたりと形から入ってきましたけども、意識が変わらないと、全然ダメなんですよねー(´∀`*)
やっぱり、意識の方がはるかに大事で、結局見た目はあまり関係ありませんでした(´∀`*)
なので、読書という形でそういった準備が少しでも出来たこと、本当によかったなぁと思います(´∀`*)エラソウニスイマセン

そして、話が変わりますが、昨日は本当にありがとうございました(´∀`*)
グダグダに付き合ってくださいまして、本当にうれしかったです(´∀`*)
絶対、またやりますんで、そのときはしっかりしたいと思います(´∀`*)

ということで、行ってきます(´∀`*)
【2007/09/18 12:52】 URL | 郁貴 #BxQFZbuQ [ 編集]


おぉー、そんなに絶賛するなら読んでみようかなぁe-420
私も普段全然本を読まない人で、読書という習慣がないんです。
だから読みやすいって言われると、ちょっと興味そそられますねe-291
確か彼氏が持ってたから借りようかなぁ・・・e-277

あと、キャラクターが魅力的ってのは、物語においてものすごい重要だなぁって思います、私見ですが!!
どんなにストーリーが良かったとしても、登場人物が好きになれなかったら
共感も出来ないし、世界に入り込めないと思いますもん!!
まあ私の場合、漫画をもとにした意見なのですが。笑
【2007/09/18 23:15】 URL | ゆぅな #- [ 編集]


こんにちわ~(☆・ω・)ノ
今回は読書についてYorkさんが書いてたのでまたまたコメントしちゃいました♪
村上春樹さんの本はまだ三冊くらいしか読んだことがないんです。
ちょうど最近、なんかおもしろい本ないかなーと思ってたので『世界の終わりと~』を読んでみようと思います♪楽しみー(*´>艸<`*)
私が最近一番のめり込んだ本は、村上由佳さんの『星々の舟』です。セクシャルな部分(!)もけっこう出てきますが、直木賞をとっただけあってあっという間にストーリーにひきこまれました・・・。
あと最近好きな作家さんは、福井晴敏さんです。登場人物がいいんですよ!!ストーリー展開も好きだし☆
もしよかったら読んでみてください(●´∀`●)
あ、申し訳ないんですが私ブログをもってないので、覗き専門です・・・ごめんなさい(il`・ω・´;)
就活が終わったら始めてみようかな、なーんて思ってます!!
けど、Yorkさんみたいにおもしろい&知的な文章を書く自信が全くありません↓↓(笑)
これからもブログ楽しみにしてますっヽ(・∀・。)ノ
それでは長々と失礼しました。。
【2007/09/18 23:41】 URL | バル #- [ 編集]

>。。。兄
>どもー(・∀・)ノ
( ゚∀゚)ノィョ―ゥ

>とりあえず、一通り読んでみたんやけど、アンタすごいね(・∀・)
>こんだけの文を書けるってマヂ尊敬するわ(・∀・)
いやあ、完全に「思うままに」ガガガと打ち込んだ結果がこれだよ(;´∀`)
実は、下の記事の方が手間がかかってますwww
そう見えないカモだけどねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

>>主人公としてその話の中に存在する
>コレを読んだ時はてっきりボケてくるもんやと思ってたら終始真面目やってビックリしたよ(・∀・)
(ΦωΦ)フフフ…
今回はボケるということをサボってました(笑
でも、たしかにいつもだったらボケてたなぁww
>んで、その次の感想を読んで賢い人の読書感想文ってこんなになるんやなぁと感動したよ(´_ゝ`)
たしかに、小学生の頃よりははるかにましな読書感想文がかけるような気がするよwww
しかもその理由が大学でも受験でもなく、読書とブログっていうね(゚∀゚)
ブログを書いていると、自然と文章力が上がるっぽいね(`・ω・´)シャキーン
>僕は読書全くしやんからお勧めとかは全くないんだなぁ(´・ω・`)
>よー君のお勧め一冊くらい試しに読んでみるよ(´・ω・`)
私もつい半年前まではそうだったんだ(;・∀・)
でも、なんかハマっちゃってね(笑
なんで、。。。兄もヒマだったらちょっと見てみてよ( ・∀・)ノ

>んで、読書の為に図書館とか行くんや(・∀・)やっぱり、図書館やと浮くんやね(笑)
浮くねwwwww
激しく浮くね><
係員の人とか、あきらかに目合わせてくれないからね_| ̄|○

>最後に勉強、読書、恋愛、ブログ、全部頑張って成功させてなぁ(・∀・)ノシ
勉強>読書>ブログ>恋愛でいくね(爆
【2007/09/19 03:18】 URL | York New #- [ 編集]

>慄さん
はじめましてー(*´∀`)ノ
いやー、私の知らないところで私のブログを読んでいる方がいるとはしりませんでした。
読んでいるのは相互リンク先の方ばかりかと・・・。
いやはや、ビックリです(;・∀・)
でも、コメント本当にありがとうございました!!
どんどん気兼ねなくコメントしてくださいね☆
あ、でもそんなに読む価値ないんで要注意です(爆

おぉ、本にハマってるんですね( ´∀`)
奇遇でしたね^^
純文学・・・最初意味がわからなかったので、ググってしまいましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
そしたら、「商業性よりも芸術性・形式に重きを置いた小説の総称」って書いてありました('A`)ワケワカラン
でもなんか堅そうなイメージですね(;´∀`)
村上さんはまったく固くないんで、よかったらどうぞ☆

私は作家とかほとんど知らないのですが、山田悠介さんは本屋にいったらたくさん置いてありました( ^ω^)
読みやすいということなので、ちょっと見てみますね^^
情報、ありがとうございましたm(_ _)mオオキニ
それではまた!!|≡サッ
【2007/09/19 03:31】 URL | York New #- [ 編集]

>いちご豆さん
>どもー(・∀・)ノ
。。。兄のパクリか!!!笑

いやぁ、実はこれがまったくすごくないんですよ(;´∀`)
私も普段は自分の考えを説明するのとか、本当にムリで
だったら考えはなしでいいやって開き直っちゃうくらいなんです><
ただ、今回は思いつきでづらづらとキーボードを打ったにすぎなくて・・・そして村上春樹をちょび真似してますw
村上春樹を読むと文章力がついた気になれますよヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
そして
>あたしのかわりに毎日のミーティングに出てほしいです。。
ムーリー勝山です( ・∀・)アヒャ

おぉ、いちご豆さん、本好きなのですね(゚∀゚)
私はこんな風に文章に書いてますが、本当にその歴はあさくまだ3か月ちょっとです(;・∀・)
いっきに読んでいるんですね・・・ヒマなんで><

読み方についてですが
>そうでない場合は、その小説の中の時間や場所を自由に行き来できる、
>妖怪(?)とか妖精(!)とか、座敷わらし(…。)とか見たいになってる感じですかね?
これ、よくわかる気がしますww
その場に登場はしないんですけど、そこにいて見てるんですよね(`・ω・´)
まあいわばドラマとか映画のカメラマンですvv
本は心の動きを追っている分、こちらよりもより濃厚ではありますけどね( ´∀`)

おすすめに関しては、しっかりとメモらせていただきました(`・ω・´)シャキーン
ちょこっとずつ、読んでみますね(゚∀゚)
読んだらまた本棚に描きたいと思います( ´∀`)
たくさんの情報、ありがとうございました!!

たしかに長いコメントが出来上がりましたね(笑
でも、有用な情報、本当にありがとうございます(*´∀`)
こんなにがんばって打ってもらえて嬉しいです(ノ´∀`*)
あ、「打って」というのはもちろん「キーボード」のことですww
>読書隊、みんなでつくりましょ♪
いいですねぇ(゚∀゚)
でも、まだそれほど私も読んではいないので、もっとたくさん読んだらぜひ、それに入りたいですね!!
・・・なんかブロガーの方には、本が好きな方が多いような気がします(`・ω・´;)
【2007/09/19 03:54】 URL | York New #- [ 編集]

>朝陽さん
朝陽さんにコメントをもらった時点(17日19時)で、アフターダークはもう読み終わっていて、次のものにとりかかっていました。
『アフターダーク』なかなか⊂( ・∀・)ワケ ( ・∀・)つワカ ⊂( ・∀・)つラン♪話ですよね(爆
話のメインはやはり姉妹の関係に置かれているのではないでしょうか(゚∀゚)
現代っぽい姉と、真逆の妹。
そして、姉が実は現代の波に飲み込まれてしまっているのに妹は気づいていない、それを高橋という青年や、その夜にあった人間とのかかわりによって気付いていくっていうのが大筋でしょう。
白川という会社員も、現代に生きる代表的な人間として書かれているような気がします。
仕事が出来、体の健康も維持し、家庭を持ち、そんな一見完璧な彼は他人とは違う時間帯に仕事をし、そして家族とはすれ違い。
現代の“負の部分”を表す鏡として彼が登場させられているんでしょうね。
まぁ、全体的に難し目だと思いました。
でもきっと、舞台は私の近くにありますねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

村上春樹のキャラは魅力的で、そして実際にはそういう人がいない。
その「いない」のが、またいいのだと私は思います( ・∀・)アヒャ
>村上さんの作品はノルウェイの森が一番読みやすかったです(^ω^)
>性描写がいっぱいあったから(^ω^)
こんなこと言っているから、お母さんにおんどk(ry
>村上さんの作品って、奥が深いですよね!!
確かに奥が深いですが、私はもしかしたら1ミリも理解していないのかもしれません(゚∀゚)
読んだ後に「?」ってなることがないですからねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
なんとなく、読んで、そしておもしろいからいいのです(`・ω・´;)
ってこのコメント返し、固いよう><

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!
【2007/09/19 04:08】 URL | York New #- [ 編集]

>シュウジさん
読書、私も苦手でした。
というか「本なんて読む暇なくね('A`)マンドクセ」とか言ってました(爆
しかし今は暇を持て余しているので、ちょっとカジってみていますvv
はい、おすすめしますよ、村上春樹(`・ω・´)シャキーン
【2007/09/19 04:11】 URL | York New #- [ 編集]


マジメな記事にはマジレスしようと思ったんですが、華麗にやめます。
理由はめんどくなったからです。ごめんなさい、正直で^^

Yorkさんが図書館にいたら、子供は泣きますね。
「来るとこ間違えたー。まだ私には早かったー。」って\(^o^)/
【2007/09/19 21:50】 URL | チャコペン #- [ 編集]

>ナマケモノさん
ご訪問&コメント、ありがとうございました!!
>わたしは小学校の夏休みの宿題で感想文が出たときなんかあとがきなど見て書いていた読書嫌いだったのですが、大学生になってから少し本を読み出すようになって、最近は外出先に持っていくようになりました!
私もまったく同じですww
小学生の頃はまだしも、中高生の頃は本なんてまったく読まなかったですからね(笑
あ、大学に入っても丸々2年ほどは触りもしませんでしたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
ただ、最近ブログを始めたこともきっかけとなって、ちょっとずつ読むようになってきました^^

乙一さんがおすすめなんですね!!
ご紹介、ありがとうございます( ´∀`)
機会があったら、ぜひとも読んでみたいと思います(`・ω・´)シャキーン

ところで、ナマケモノさんのブログにはなぜか行くことができませんでした(´・ω・`)
URLの確認をしていただけると嬉しいです。
なんでいけないんだろう(´・ω:;.:...
【2007/09/20 04:41】 URL | York New #- [ 編集]

>郁貴さん
はい、着々と読み進めていますよ^^
なんと言っても・・・ヒマですからね!!\(^o^)/
>それほどの量を読んだようには見えないって書いてありますけども
もちろん、私からしても十分な量でございます( ・∀・)アヒャ
よくこれだけ読んだなぁと、あと後振り返ると思ったりしますねw
山田悠介さん、郁貴さんが記事でもとりあげていましたね( ´∀`)
私も図書館で借りてこようかなと思いました(`・ω・´)シャキーン

村上春樹は、どうやら「純文学」ってのに分類されるようです(`・ω・´;)
いや、全然わからないんですけど、Wikipediaにはそう書いてありました(゚∀゚)
で読みやすいという評判で私も読んだんですが、これが私と波長がドンピシャだったようで・・・( ^ω^)
扱っている内容は、たしかに「純文学」っていう感じ(雰囲気ですwww)でしたが、読みやすいのでサクサク読めました(*´∀`)
もちろん深い意味とかはまったく理解していません。本当にありg(ry
私はあまり人にオススメとかするの好きじゃないのですが、郁貴さんももし気が向いたら読んでみてください( ´∀`)
『海辺のカフカ』はむはさんも一押しでしたよ☆
そして、私は今日も図書館に行きましたm9(^Д^)プギャー

>にしても、やっぱりYorkさんは文章力がありますねヘ(゚∀゚*)ノ
いやいや、文章力とかそういうの、全くないです><
たしかにブログを始めた当初よりは読書の助けもあって、少しはそれっぽくなってきましたが、まだまだ周りのブロガーさんに及びませぬ_| ̄|○
レポートは大学に入ってから初めて書いたんですが、本当にひどかったです(;^ω^)
埋め合わせのために、フォントサイズ最大で印刷しましたからねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
ぱっとみ、チラシかなんかに見えました(;゚Д゚)
ただ、ブログを始めてからレポートを書いてはいないので、どこかで一回試してみたい気持ちはあったりします(*´ω`*)
>自分が思っていること、考えていることを的確に伝えられる力が欲しいです(´∀`*)
右に同じです。
さらに、うまい言い回しがしたいと日々悩んでいます(゚∀゚)

私もばっちり形から入る人間です^^
でも今回はどうやら意識的な部分も改善出来たようで・・・本当に読書さまさまです><
しかし、やっぱり形は大事♪
10月の頭には、しっかりとした状態を作りたいと思います(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
そして、郁貴さんのお言葉、人生の先輩としてありがたく受け取っておこうと思います!!
あ、この表現、勘に障りましたか??(^ω^ ≡ ^ω^)おっおっおっ

>そして、話が変わりますが、昨日は本当にありがとうございました(´∀`*)
>グダグダに付き合ってくださいまして、本当にうれしかったです(´∀`*)
>絶対、またやりますんで、そのときはしっかりしたいと思います(´∀`*)
あ、ラヂオですね( ´∀`)
少しでしたが、聞けてよかったです^^
そして本当にお疲れ様でした☆
あの“途中切断の謎”が解決するといいですね(=゚ω゚)ノ

>ということで、行ってきます(´∀`*)
いってらっしゃいませ(゚∀゚)
【2007/09/20 04:56】 URL | York New #- [ 編集]

>ゆぅなさん
>おぉー、そんなに絶賛するなら読んでみようかなぁ
まぁ、私なりの絶賛です(;´∀`)
所詮『York Newの絶賛』なんで、あまりあてにはできません!!爆
>私も普段全然本を読まない人で、読書という習慣がないんです。
>だから読みやすいって言われると、ちょっと興味そそられますね
なにか、大学生になって成長したことが欲しかったので、それじゃあ大学生っぽく本でも読んでみようかな
と安易に読み始めましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
そしたら思いのほか、ハマってしまって(笑
>確か彼氏が持ってたから借りようかなぁ・・・
おぉ!!
彼氏さんは村上春樹を読むんですか(゚Д゚)!!
それなら読んでみるのもいいかもしれませんよ(*´∀`)
彼氏さんとの共通の話題が、こんなとこにも出来ますし☆

>あと、キャラクターが魅力的ってのは、物語においてものすごい重要だなぁって思います、私見ですが!!
>どんなにストーリーが良かったとしても、登場人物が好きになれなかったら
>共感も出来ないし、世界に入り込めないと思いますもん!!
そうなんですよね( ゚∀゚)ノ
たとえば主人公がやなやつだったら、きっと誰も読まないですよね(;´∀`)
たしかに、そういうものもなくはないですが、私は読みません(;><)スキキライオオシ
>まあ私の場合、漫画をもとにした意見なのですが。笑
わかってます(爆
なんとなく、最初から感づいていましたwww
【2007/09/21 02:19】 URL | York New #- [ 編集]

>バルさん
いらっしゃいませ~(*´∀`)
>今回は読書についてYorkさんが書いてたのでまたまたコメントしちゃいました♪
ありがとうございます(`・ω・´)
もう、どんどんコメントしちゃってください(*´∀`)ノ
>村上春樹さんの本はまだ三冊くらいしか読んだことがないんです。
おぉ、でも三冊も読んだことがおありなのですね(゚∀゚)
いったいどれを読んだんでしょうねぇ(・艸・ )
>ちょうど最近、なんかおもしろい本ないかなーと思ってたので『世界の終わりと~』を読んでみようと思います♪楽しみー(*´>艸<`*)
『~・ワンダーランド』はなかなかよかですw
最初はあまり見ない設定に「ん?」ってなりましたが、総じてこれが一番よかったです(*´ω`*)

バルさんのオススメも、しかと承りましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
【直木賞】という言葉に惹かれましたw
はい、単純ですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
両方とも、機会があれば読んでみたいと思いますっ!!

そしてバルさんはブロガじゃなかったんですねっ(`・ω・´;)
ついに当ブログにも、読み専が・・・(´;ω;`)ブワッ
すごい光栄です!!むしろ嬉しいです(゚∀゚)
もしつまらなかったら、すぐにBOOKMARKから消しちゃってくださいね!!爆
>けど、Yorkさんみたいにおもしろい&知的な文章を書く自信が全くありません↓↓(笑)
これは全くそんなことないですよ><
私のブログは・・・なんというか、控えめに言って、意味わかんないですからね(゚∀゚)
それに知的さをまったく身につけていないことでも有名です(狭い界隈でww
なんで、こんなボロ雑巾でもブログが書けるということを伝えられれば幸いです。なんだこれ(笑

また来て下さいね~( ´`)ノ
【2007/09/21 02:33】 URL | York New #- [ 編集]

>チャコペンさん
>マジメな記事にはマジレスしようと思ったんですが、華麗にやめます。
これはそんなに気にしなくていいですよヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
私はそんなに必死に感情的にブログを書いたりはしないんでwww
でも、理由をはっきり言われると、某チャコペン日記を荒らしたくなります(#^ω^)

>Yorkさんが図書館にいたら、子供は泣きますね。
>「来るとこ間違えたー。まだ私には早かったー。」って\(^o^)/
子供は実はそれほどなんですよ(;´∀`)
それよりも、おじさんおばさんの目が痛いお( ^ω^)
なんでそんなに排他的なんだお(^ω^ ≡ ^ω^)おっおっおっ
今度、華麗に某大図書館に行くから待ってろお( ^ω^)おっ( ^ω^)おっ( ^ω^)おっ
【2007/09/21 02:37】 URL | York New #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














編集者にだけ覗き見を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yorknews.blog69.fc2.com/tb.php/307-9143b076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者紹介

York New

編集長:York New
プロフィールはこちら

一東京都民による、痛い日記です。
いろいろと病んでいる人が書いています。
ものすごく寒いギャグを割りとしれっと発することがあるので、読んでいただける場合は防寒準備をしっかりすることをオススメします。
Lv.は0です。
仲良くしていってくださるとうれしいです(*´∀`)
ちなみに、シモネタ厳禁ですヽ(*`Д´)ノ

最近はあまり読書もしておりませんが、よろしければ→ 本棚

York Newsを縦読みする

初めて訪れた方はこちらからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

発行部数


無料カウンター

種類別目次

月別アーカイブ

編集長のオススメ(B.P.ver.)

同盟参加

打倒キノコ同盟に参加しました。
これに関する記事はこちら

また、サーモン部に入部しました。 samonbu.gif
サーモンを美味しく頂いた証拠記事はこちら

頂いた物

・さとさんにキリ番企画で頂きました(*´∀`)
私と猫との関係方程式

・朔太rooより、バナーを頂きました。
 ついにうちもバナーを持つ時代が・・・!!
 banner_presented_by_Sakutaro.gif
・York海賊団旗の数々
Painted by Mr.Noddyさん
Painted by 朝陽さん
Painted by 郁貴さん
Painted by むはさん

お得意先様

ブログパーツ

ご意見番

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯でもYork News

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。